イントロダクションへ
ストーリーへ
キャストページへ
スタッフページへ

単なるスリラーには留まらない“ひねり”の効いた脚本とレトロスタイルを踏襲した撮影と演出が全く新しい衝撃を生み出し、 各国で絶賛された『サプライズ』。その仕掛人は『ビューティフル・ダイ』や『V/H/S』シリーズでタッグを組んできた、今最も注目を集めるクリエイター、 アダム・ウィンガードとサイモン・バレット。そして2014年、彼らは最高傑作となる『ザ・ゲスト』を生み出した。初お披露目となったサンダンス映画祭では 『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督が賞賛。第39回トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門にも出品され話題を呼んでいる。 全米では「VARIETY」、「THE Hollywood REPORTER」を筆頭に、多くのレビューサイトで絶賛評を獲得。想像をはるかに超える“ある男の正体”に全米が陶酔している。

ミステリアスな帰還兵デイヴィッドを演じるのは、人気シリーズの最新作『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』にも出演の英国俳優ダン・スティーヴンス。 海外ドラマ「ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜」で注目を集め、ベネディクト・カンバーバッチに次ぐブレイクが期待されている。 持前の端正な顔立ちと透き通る青い目、そして鍛え上げられた体で魅惑的なキャラクターを見事に体現。デイヴィッドは謙虚で律儀、礼儀正しく、容姿端麗。 しかし、時としてその姿から全く見合わない行動をとるこの男の正体は一体何なのか。その正体と目的に対峙したとき、あなたは驚愕すると同時に心を奪われる。

『ザ・ゲスト』はスリラーの様相を持ちながらもその枠では収まらない。ホラーやサスペンスの要素を醸し出したかと思えば突如として アクションへと移り変わる様には意表をつかれ、清々しいまでのスリルが味わえる。ホラーの定番を覆した『キャビン』同様、 言わばジャンルレスな作品に仕上がっていることも本作最大の魅力だ。かつての傑作映画へオマージュの意を込めつつ、今あなたの元にデイヴィッドという名の男が訪れる。

MENU