警視庁アウトサイダーの電子書籍が安いおすすめ漫画アプリ|まとめ買いで全巻を最安値で読む方法

少女・女性漫画

漫画「警視庁アウトサイダー」全巻の値段は、電子書籍アプリebookjapanの初回限定クーポンを利用することにより、単行本のまとめ買いよりも安く読めます。

とにかく紙書籍にこだわりなく、全巻を1番安く読みたい人におすすめです。

以下に、漫画「警視庁アウトサイダー」全巻をお得に安く読める電子書籍アプリについて紹介します。

漫画「警視庁アウトサイダー」
▼1番安く読めるのはこちら▼

漫画「警視庁アウトサイダー」を
全巻最安値で読むなら
ebookjapan

 

今なら6回✕70%OFFクーポンで
▼最大3,000円引き▼

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

警視庁アウトサイダーの全巻新品の値段は買ったらいくら?

警視庁アウトサイダー単行本全巻の値段はいくら?

警視庁アウトサイダーは単行本の1巻まで発売されており、次巻2巻の発売日は未定となっています。

単行本:全1巻

全巻を購入すると定価726円(税込)になります。

そこで、警視庁アウトサイダー全巻新品まとめ買いの値段を知名度の高い通販サイトで調査してみました。

通販サイト全巻値段(税込)
Amazon726円
漫画全巻ドットコム726円
アニメイト726円
楽天市場726円
Yahoo!ショッピング726円
ヨドバシカメラ726円

このように調査時点では、Amazonなどの通販サイトでは同一価格(定価)ということがわかりました。

さらに単行本の場合、売り切れてしまい、次の入荷を待つという可能性もでてくるかと思います。

警視庁アウトサイダー電子書籍全巻の値段はいくら?

電子書籍は全1巻まで発売されています。

電子書籍:全1巻

全巻を読む場合、電子書籍最安値のebookjapanにおいては、通常価格の場合、726円(税込)になります。

ここからさらに、初回登録時にもらえる70%OFFクーポンを利用することにより、なんと全巻226円(税込)で購入できるんです!

70%OFFクーポンは1回の購入で最大500円まで割引されます。「警視庁アウトサイダー」の場合、“1巻購入×1回”することにより、合計500円の割引きで購入することができます。

結果、単行本より、500円も安く読めるということですね!

最安値で全巻を読みたい人には電子書籍アプリのebookjapanがおすすめです。

漫画「警視庁アウトサイダー」
▼1番安く読めるのはこちら▼

漫画「警視庁アウトサイダー」を
全巻最安値で読むなら
ebookjapan

 

今なら6回✕70%OFFクーポンで
▼最大3,000円引き▼

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

しかしながら、電子書籍にはまだ抵抗がある人も少なからずいるかと思います。

実際は紙の単行本を購入して読むよりもかなりメリットがあるんです!

ぜひ、参考にしてください!

電子書籍のメリット
  • 単行本より安い
  • ダウンロードすることにより、いつでも好きなところで読める
  • キャンペーン・クーポン等が利用できる
  • 購入前に試し読みができる本が多い
  • 単行本を置くスペースがいらない
  • 在庫切れがない
  • 本屋にない書籍でも購入できる
  • 文字のサイズやフォントを変えられる

このようにたくさんのメリットがありますので、漫画全巻を1番安く読みたい人は電子書籍アプリでまとめ買いすることをオススメいたします!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

警視庁アウトサイダーをお得に安く読める電子書籍アプリまとめ

警視庁アウトサイダーの全巻まとめ買いは、価格重視だとebookjapan一択になると思います。

さらに、これから電子書籍を毎月コンスタントに利用したいと考えている方へ、知名度が高く、品揃え・使いやすさ・還元施策などが豊富で、大手企業が運営していて安心して利用できる電子書籍アプリを厳選し、各サービスの特徴やオススメポイントについて説明いたします。

電子書籍はたくさんの種類があり、どのサービスを利用したらいいかわからない人も多いかと思いますが、ぜひ、参考にしていただき、ご自身にあった電子書籍サービスを選んでください。

漫画「警視庁アウトサイダー」
全巻最安値は
「ebookjapan」
226円(税込)

電子書籍
アプリ
オススメ度内容
ebook
japan
6回✕70%OFFクーポン配布
PayPayポイントの還元率が高い
Ameba
マンガ
100冊まで40%OFFクーポン配布
最安値で全巻まとめ買いできる
コミック
シーモア
1冊まで70%OFF
月額メニュー登録で最大20,000P還元
まんが
王国
毎日最大50%P還元
毎日20時にお得なタイムセール
U-NEXT600円分のポイント付与
31日間の無料トライアル

ebookjapanなら警視庁アウトサイダーが最安値で読める

ebookjapanは、ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営を行っている電子書籍サービスで、PayPayポイントの還元率が高いため、コンスタントに漫画を安く買いたいと考えている方にはオススメです!

おすすめポイント
  • 購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 無料で読める作品が多い
  • キャンペーンや割引クーポンの配布などが豊富
  • PayPayポイントの還元率が高い
  • 本棚に収納しているような感覚で背表紙を表示できる

初回登録時、購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえ、1回のお買い物で最大500円まで割引できます。

簡単に説明しますと、読みたい漫画を全巻購入する場合、数回に分けて購入することにより、3,000円割引で購入することができるんです!

また、月額料金などは一切かからず、本を1冊買うごとに料金を支払う都度課金制のサービス。

とにかく還元策が豊富で、特にYahoo!プレミアム会員の方やソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーであれば、PayPayポイントの還元率が高くなりお得にお買い物ができます。

漫画「警視庁アウトサイダー」
▼1番安く読めるのはこちら▼

漫画「警視庁アウトサイダー」を
全巻最安値で読むなら
ebookjapan

 

今なら6回✕70%OFFクーポンで
▼最大3,000円引き▼

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

そして気になるお支払い方法ですが、ebookjapanではさまざまなお支払い方法がご利用できます。

  • PayPay残高
  • Yahoo!ウォレットにあらかじめ登録したクレジットカード
  • ebookjapanにあらかじめ登録したクレジットカード、もしくは購入時に入力したクレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • WebMoney
  • BitCash

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

Amebaマンガならマンガ100冊を40%OFFで購入できる

運営しているのは株式会社サイバーエージェントで、漫画に特化した日本最大級の電子コミックサービス漫画をメインに利用したい方にオススメです!

おすすめポイント
  • 新規登録でマンガ100冊を40%OFFで購入できる
  • 無料で読める作品が多い
  • 人気作品もしっかりと取り揃えている
  • キャンペーンや割引クーポンの配布が豊富
  • 月額プランに加入した場合の特典ポイントが魅力

今なら無料会員登録するだけで、すべての漫画が対象となる100冊まで40%OFFクーポンがもらえるため、自分の好きな漫画全巻を最安でまとめ買いしたい方には必見です!

購入方法は、事前にAmebaコインやマンガコインを購入してから読みたい漫画を購入するか、もしくはクレジットカード等で料金を直接支払い、その都度購入するかたち。

1番のおすすめは「月額プラン」に登録してマンガコインを定期購入してから、漫画を購入することです。

初回特典や継続特典として、プラスαでかなりのマンガコインがもらえ、お得に漫画を購入できるんです!

⇒ Amebaマンガの公式サイトはこちら

そして気になるお支払い方法ですが、Amebaマンガではさまざまなお支払い方法がご利用できます。

また、楽天ユーザーの方はたまっている楽天ポイントを利用することにより、漫画をお得に読むこともできるかと思います!

  • Amebaコイン
  • マンガコイン
  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
Amebaコインとマンガコインの違いはこちら
  • Amebaコイン・・・Amebaが展開する全サービスで利用できるサービス内通貨
  • マンガコイン・・・Amebaマンガのみで利用できるサービス内通貨
    ※マンガコインは必要な時に必要な分だけ購入する方法と定期購入(月額)する方法があります

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ Amebaマンガの公式サイトはこちら

コミックシーモアなら月額メニュー登録で最大20,000P還元

コミックシーモアは、NTTのグループ企業であるNTTソルマーレ株式会社が運営する電子書籍サービスで、ほぼ全ての作品をいち早く手に入れられますので、漫画好きなら1度は試して欲しいサービスです!

おすすめポイント
  • 1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニュー登録後、全ポイントが還元される
  • 無料で読める作品が多い
  • 先行配信作品が多い
  • 楽天ポイントが使える

コミックシーモアには新規登録キャンペーンがあり、お得な特典が2点あります!

  • 特典① 70%OFFクーポンGET
  • 特典② 月額メニュー全額お返し

新規無料会員登録すると1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえます。

そして、月額メニューに新規登録された場合は、後日、登録メニュー分の全ポイントが最大で20,000ポイント還元されますので、実質無料で漫画を購入することができます。

種類の豊富さは勿論、BLやライトノベル作品も充実していて、ランキング上位の作品は無料立ち読みもできるのもオススメの一つ。

また、ポイント等を購入してからの購入ではなく、直接料金を支払う事ができる為、少額の商品から気兼ねなく購入する事が出来るのも嬉しいポイントです!

⇒ コミックシーモアの公式サイトはこちら

そして気になるお支払い方法ですが、コミックシーモアではさまざまなお支払い方法が利用できます。

また、楽天ユーザーの方はたまっている楽天ポイントを利用することにより、漫画をお得に読むこともできるかと思います!

  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Apple Pay
  • 楽天ペイ
  • 楽天Edy
  • d払い
  • PayPal
  • WebMoney
  • BitCash
  • NET CASH
  • Yahoo!ウォレット
  • ポイント(ポイ活)

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ コミックシーモアの公式サイトはこちら

警視庁アウトサイダーの作品情報

作品名警視庁アウトサイダー
ジャンル少女・女性漫画
作者漫画:平原明
原作:加藤実秋
出版社KADOKAWA
掲載誌ComicWalker
巻数最新刊1巻
外部リンクWikipedia

あらすじ

警視庁桜町中央署エース刑事の蓮見光輔は、組織犯罪対策課、通称「マル暴」から飛ばされてきた刑事・架川英児とコンビを組むことになる。風貌も言動もまるで極道のような架川に困惑しつつも、ともに捜査を進めていたある日、蓮見は架川に重大な秘密を知られてしまう。

引用元:ebookjapan

感想

30代女性
30代女性

この作品は今テレビドラマを放送しているのですが原作本も興味があり読んでみたら、めちゃくちゃ面白いなぁと言う感想を抱きました。
物語のテンポがすごく心地いい感じで進行していくので読んでいて事件の真相に辿り着くのが凄く楽しいです。いろいろな伏線なんかも、ちりばめられているので見ていて、わからないことも多いのですがその辺がすごく作品全体の面白さを底上げしてくれているような感じで目が離せません。
事件のトリックなども、すごく手が込んでいるものが多くて最初全然わからなかったのですが架川がいろいろな人たちから聞き込みをして、事件の真相に迫っていくので、その辺のやり取りの部分が非常に興味深くて楽しいです。
犯人の行動の背景なんかも色々と描かれているので、そういう部分を見ていくといろんな感情が芽生えてしまうこと間違いありません。
架川と蓮水のコンビ感と言う部分も非常に面白い要素の1つですね。
2人が力を合わせて事件解決に奔走している雰囲気が色濃く描かれていくので見ていてすごく応援したくなってきます。
ちょっと悪そうな架川の雰囲気もこの作品の特徴のような感じがするので、見ていてなんだか興味深いですね。言葉遣いなどぶっきらぼうな感じもすごくかっこいい感じに見えてくるので不思議なキャラクターである事は間違いありません。

他の感想はこちら
40代女性
40代女性

初めて刑事課にやってきた架川の姿が非常に興味深かったです。
サングラスをかけて完全にヤクザのようないでたちで現れたので、ほんとにびっくりしてしまいました。
署内の人たちも架川に対して敬遠したような態度を示していくので、それだけ威圧感満載だったことは間違いありません。
こんな架川と蓮水が初めて顔合わせる場面にすごくドキドキしました。
蓮水が握手をしようと手を差し伸べるのですが、架川は全くその握手に対応しないので見ていて、ほんとに緊迫感のあるシーンでしたね。
こんなにも態度が悪いので最初ちょっと嫌いな感情を抱いてしまったのですが、話が進むに従ってすごく人間的な部分も見え隠れしてくるので非常に興味深い人物だということがわかり、どんどん好きになってしまいました。
第一印象が悪い人の方がプラス加点方式にどんどん人物像が定まって行くので、こういう展開は自分の中ではすごくありですね。
事件が起こって蓮水と架川がバディを組んで色々と情報をかき集めている時の2人の掛け合いのシーンがすごく大好きです。
やっぱり目的は同じと言うことで、色々とぶつかることもあるのですが、そうしながらもちゃんと事件を解決へと導いていく2人のやりとりは見所十分ですね。

30代女性
30代女性

架川の警部補としての行動の部分に注目してほしいです。
たまたま街中でヤンキーの2人が市民に喧嘩を売っている場面に遭遇してしまうのですが、そこで架川すぐさまその市民たちの間に入って物事を解決してしまう場面がかっこいいなと言うふうに感じました。
普段は悪ぶっているようですが、こういう時にちゃんと行動にうつせると言う部分にすごく魅力を感じてしまいました。
もしかしたら仕事が嫌で、見て見ぬふりをしてしまうのかなあと思っていたのですが、ちゃんとそういう信念を持って警部補をしているところがすごくかっこよくて魅力的です。
しかもヤンキーが襲いかかってきた時に拳を片手で受け止めてしまう喧嘩の強さを発揮してしまうので、その場面も非常に興味深く映りました。
あの対応の早さは、かなりの使い手だと思うので見ていてなんだかワクワクした気持ちを抱かせてもらいました。
やっぱり警察の人間と言うのは格闘能力が高くないと務まらないというのを、どこかで聞いたことがあるのでそういう部分で色々と国民たちに貢献できる人材というのはかなり重宝されるのでしょう。
この作品を読んでいると刑事課についての実態と言うものが色々とわかるので、自分の知らないことを教えて貰えて正直すごく面白いです。

30代女性
30代女性

マル暴出身の架川の存在感と言うものが、この作品ではいかんなく発揮されていくので、そこに注目していくとより物語を面白く見ることができると思います。
ヤンキー達のいざこざを止めるシーンがあるのですが、そこでの架川この対応力というのはまさに元マル暴特有の凄みのようなものを感じましたね。
すぐにヤンキーたちを圧倒して物事を解決してしまう感じは彼のオーラがそのようにさせたものだと思うので本当にすごいなと言うふうに感じました。
架川の話によれば絶対に相手になめられてはいけないと言うことを常に心がけているらしく、凄みのようなものを相手にかましていくテクニックがあるらしいことを話すので見ていてためになりました。
ヤンキーに絡まれやすい人がいたら、架川のような振る舞いをしてみたら絡まれなくなるかもしれません。
彼とは打って変わって蓮水の性格の部分にも注目してほしいです。
所轄ではエースとして崇められているのですが彼の言動はまさに絵に描いたような警察官そのもので暴力を嫌って平和的に物事を解決しようとしているので、そういうところもすごく魅力的な要素の1つですね。
話をして分かり合えるのならそのほうがいいと思っているらしいので、なんだか色々と考えさせられる場面が多いので目が離せません。
この正反対な2人がコンビを組んでいろいろな事件を解決へと導いていく展開が巻き起こっていくので目が離せません。

20代女性
20代女性

この作品はテレビドラマと並行して原作漫画も読んでいるのですが、やっぱりすごく面白い作品だなぁと言うふうに感じますね。
キャラクターたちの個性がしっかりと色濃く描かれているのでキャラ被り等が一切ないと言う部分がすごく良いポイントだと思います。
今までいろいろな作品を読んできたんですが結構キャラ被りがある作品も読んだことがあって、そのことによって頭の中がこんがらがってしまうと言うことが多々ありました。
でも、この作品ではちゃんと見た目や髪型、しぐさなどいろいろな部分をちゃんとキャラ分けしていて読んでいて、すぐに把握できると言う部分が良い所ですね。
個人的に思うのは背景がとてもすっきりとしていると言う印象を抱きました。
作画がごちゃごちゃしていないというかセリフの吹き出しとキャラクターたちがすっきりと描かれているので、どのようなことが行われているのかすぐわかる描写の数々はとても魅力的だなと言うふうに感じました。
好きな作品で絵がごちゃごちゃしているものがあるのですが本当に読んでいて疲れるし読みづらいというのがあるので、こういう風にシンプルにキャラクターとセリフだけで表現してくれたほうが絶対に読みやすいと言う事は明らかだと思います。

40代女性
40代女性

お金持ちが絡んでいる事件がエピソードとして描かれていたのですが、それがとても面白かったです。
お金持ちになったことで女性たちが自分の周りに集まってきてくれて殺人を犯してしまうのですが、その殺人をその取り巻きの女性たちが隠蔽してくれるという展開が事件の真相として描かれていたので、それが非常に面白かったです。
やっぱりお金によって人と言うのはメンタルまで支配されてしまうと言うことをこのエピソードで色々と学ぶことができたので目が離せませんでした。
この事件の真相にたどり着くまで、いろいろな人たちに事情聴取をしたりと結構回り道をして真相にたどり着くので、そのリアルさもこの作品の魅力になってるような気もします。
架川が作品の中心にいて、どんどん物語が二転三転と進展していくのでその部分に注目していくとより物語が面白い方向に舵をとってくれて楽しいですね。
蓮水とのやりとりも非常に独特なものがあるのでその辺の会話劇を楽しんでいくとよりストーリー展開が面白く変わってくると言う事は明らかだと思います。
やっぱり殺人事件が絡んでくると物語全体に緊迫感が生まれて読んでいてすごく集中してしまいます。
どこに伏線が隠れているか分からないと言うところも非常に面白い要素の1つだと思います。

まとめ

警視庁アウトサイダーの全巻をいくらで読めるのかについて紹介いたしました。

単行本の新品をまとめ買いするよりも、電子書籍アプリの初回限定クーポン等を利用することにより、安くお得に読めることもお伝えしました。

警視庁アウトサイダーの全巻を最安値で読みたい方へのイチオシはebookjapanです。

PayPayポイントの還元率が高いので、コンスタントに漫画を安く読みたい人にも嬉しいポイントです!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

また、今なら無料会員登録するだけで「100冊まで40%OFFクーポン」がもらえる「Amebaマンガ」は、全巻を大量にまとめ買いしたい方へオススメです。

⇒ Amebaマンガの公式サイトはこちら

本キャンペーンは予告なく終了する可能性がありますので、その都度、公式サイトでご確認ください。

ぜひ、この記事を参考にしていただき、漫画ライフを楽しんでいただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました